うすま苑の名の由来について

 うすま苑及び法人名の臼間会が、臼間山の名を冠していることは、南関町では周知の事である。日本地図大辞典によると、南関町一帯は、「臼間野荘」という荘園の名で、鎌倉時代から南北朝時代にかけての文献の中に登場します。
 南北朝時代には、臼間野荘は菊池一族と足利軍との戦場になっていました。
 地名辞典によると鎌倉中期の建長二年に「臼間野太郎」なる武士が登場します。坂下の地にも「臼間」を姓とする人が居られました。
PAGE TOP
MENU